『交感神経』と『副交感神経』の関係。頑張ると交感神経が働きます。

前回まで、自律神経である『交換神経』と『副交感神経』についてお伝えしてました。

『交感神経』についての記事はこちら↓↓
活動の『交感神経』、リラックスの『副交感神経』。言うならば車の両輪です。

『副交感神経』についての記事はこちら↓↓
体や心の大工さん『副交感神経』の働きとは?
  

今回は、その『交感神経と副交感神経』の関係についてお伝えしていきます。

シーソーの関係

交感神経と副交感神経は分かりやすく言うと、「シーソーのような関係」です。

シーソーは片方が上に上がると、もう片方は下にさがりますよね。
それと同じように片方の神経が働くと、もう片方の神経は休憩に入ります。
自律神経 自律神経失調症 うつ病 アレルギー ガン ストレス ストレス社会 バランス 症状 交感神経 副交感神経 関係
つまり心身を動かしたり、動かしている(=交感神経が働く)ときは体を修復(=副交感神経が働く)することが出来ないのです。
  

例えば、サーキットの車を思い出してください。

走っているときは『交感神経』、ピットインしてタイヤを替えたり給油したり、壊れているところを直したりするときが『副交感神経』です。
  

車を走らせながらタイヤを交換しているところなんか見たことないですよね?(笑)
  

そう無理なんです。
人間でもこれと同じで、働きながら休めないし修復することは出来ないのです。

自然の摂理から『交感神経』が優位に働く

シーソーの関係にある、交感神経と副交感神経。
では、どちらが優先的に働くのでしょうか?
  

実は、『交感神経』の方が優先的に働くようになっているのです。
  

以前、交感神経が働く状況についてお伝えしました。

そう、労働・闘争・運動・興奮・緊張感・恐怖感・危機感という状況に置かれたときですよね。

人間も昔は自然動物と同じように暮らしていたので、動物を取って食べたり、逆に餌となってしまう事もありました。

これって自然の摂理ですよね?
人間は「食物連鎖」の真ん中辺りにいたので、動物に襲われるとい逃げなきゃいけない!もしくは、戦かわなければいけなかったのです。
  

そんな時に・・・

「今は副交感神経が働いているからちょっと待っててね。もうすぐ交感神経が働くから、そうしたら戦うか逃げるようにするね」

なんて言っている間、敵の動物にパクリと食べられしまいますよね(笑)
自律神経 自律神経失調症 うつ病 アレルギー ガン ストレス ストレス社会 バランス 症状 交感神経 副交感神経 交感神経優位
このような感じで人間は原始的なものをずっと持っているので、交感神経は優先的に働くようになっているのです。

危機感(ストレス)を感じると交感神経が優位になる

危機感を感じると、否応なしに『交感神経』が働くようになっています。
そして、危機感=ストレスと思ってください。

ストレスは多すぎても、少なすぎても人間の体や心に支障をきたしてきます。
  

ストレスが多すぎると、いつも交感神経ばかりが働くので副交感神経が働けなくなってしまいます。
つまり、眠れない・心身を修復出来ない=疲れがとれない、などの症状が出てききてしまうんですね。

これは、交感神経と副交感神経のバランスが取れなくなっている状態。言い換えると『自律神経の乱れ』と言えます。
自律神経が乱れると、色々な体の不調が出てきてしまいます。

こうなってくると、少しずつ心身共にしんどくなってきてしまうのです。
  

次回は『自律神経』が乱れることによって、どのような症状が体に現れるのかをお伝えしていきます。
自律神経の乱れ=『交感神経』と『副交感神経』のバランスの乱れ

3 Responses to “『交感神経』と『副交感神経』の関係。頑張ると交感神経が働きます。”

  1. […] では、その2つの神経のバランスが崩れるとどうなるでしょうか? 次回は『交感神経』と『副交感神経』との関係についてお伝えしていきます。 ⇒『交感神経』と『副交感神経』の関係。頑張ると交感神経が働きます。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitterフォロー歓迎です

「お気に入り」に簡単登録できます♫

【Ctrl+D】の同時押しで、お気に入りに登録できます。
ブックマークをしてまた訪問してください(*´∀`*)

書いてる人

サボッテンダー
<br?>Author:サボッテンダー
年齢:アラフォー
誕生日:秋の味覚がおいしい10月
性別:♂
職業:医療系

こんにちは。当ブログ『植物系男子to多肉系植物』を訪問していただき、本当にありがとうございます♫

当ブログを書いている【サボッテンダー】といいます(^-^)/

もっと詳しく ⇒ サボッテンダーのプロフィール

このページの先頭へ