自律神経を乱すを引き起こす『ストレスレベル』とは?

前回は、自律神経の乱れの原因となる『4つのストレス』について大まかにお伝えしました。
  

『4つのストレス』についての記事はこちら↓↓
自律神経が乱れ、症状の原因となる「4つのストレス」とは?
  

今回は、私達がそのストレスに耐えられる限界値、ストレスレベルについてお伝えしていきます。

ストレスレベル

あなたは日常生活において、常に『4つのストレス』がかかっています。
つまりストレスに耐えられる限界値、「ストレスレベル」と言えるでしょう。

自律神経のリズムが狂うほど『交感神経』が働いてしまうには、ストレスレベルがある一定のレベルに達しないとならないのです。
このレベルは人によって違ってきます。つまり、その人の持っている耐久性は個々に違うということですね。
  

仮に分かりやすく、ストレスレベルを「10」としましょう。
まず、構造的ストレス(骨盤のゆがみ)などがあり、そのストレスレベルが「4」ぐらい。
ここでは、まだ脳も体もストレスを感じていません。

そして偏った食事をしていたため、科学的ストレスが「3」ぐらい。さらに暑い真夏の日中を出歩かなくてならず、そのことによるストレスレベルが「2」だとします。
  

これで、全部のストレスレベルを合計すると「9」になりますよね?
そこで、ほんのささいな「精神的ストレス」、例えば上司との些細なトラブルが起こり、そのストレスレベルが「1」ぐらいでも全部でストレスレベルが「10」に達してしまいます。

自律神経 自律神経失調症 うつ病 アレルギー ガン ストレス ストレス社会 バランス 症状 交感神経 副交感神経 乱れ 症状  ストレス 限界値3

ですので、精神的ストレスを「1」だけしか感じなくても自律神経が狂いやすくなってしまうのです。

精神的ストレスだけではなく、他の3つのストレスも考えてみる

あなたはストレスと言うと、人間関係などの精神的に「嫌だな~」と思うことを考えるかもしれません。
しかし、自律神経が乱れるぐらい交感神経が緊張しているストレスは、精神的ストレスだけ原因の人ばかりではないと言うことです。

自律神経 自律神経失調症 うつ病 アレルギー ガン ストレス ストレス社会 バランス 症状 交感神経 副交感神経 乱れ 症状  ストレス 限界値

精神的ストレス以外の3つのストレスのことも考えてながら、それぞれを改善させてみてはいかがでしょうか?
  

もちろん、ものすごい多大な「精神的ストレス」でストレスレベルだけで「10」に達してしまう人もいるでしょう。

しかし、それによって生活が乱れると他のストレスレベルが上がるような生活をしてしまうかもしれません。それによって、なおさら症状がひどくなるような気がします。

例えば暴飲暴食をするようになり、科学的ストレスレベルが上がってしまうとかですね。
さて、今までは『交感神経』を興奮させるストレスの種類やストレスの限界値「ストレスレベル」についてお伝えしてきました。
ここで、こう疑問をもたれた方もいるかもしれません。

じゃあ、ストレスってない方がいいの?

このように思わるかもしれませんが、実はそうとも言えないのです。
  

次回はこのことについて勘違いしないように、しっかりとお伝えしていきます。

2 Responses to “自律神経を乱すを引き起こす『ストレスレベル』とは?”

  1. […] 次回は、この4つのストレスレベルに耐えられる限界値、「ストレスレベル」についてお伝えしていきます。 ⇒ 自律神経を乱すを引き起こす『ストレスレベル』とは? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

Twitterフォロー歓迎です

「お気に入り」に簡単登録できます♫

【Ctrl+D】の同時押しで、お気に入りに登録できます。
ブックマークをしてまた訪問してください(*´∀`*)

書いてる人

サボッテンダー
<br?>Author:サボッテンダー
年齢:アラフォー
誕生日:秋の味覚がおいしい10月
性別:♂
職業:医療系

こんにちは。当ブログ『植物系男子to多肉系植物』を訪問していただき、本当にありがとうございます♫

当ブログを書いている【サボッテンダー】といいます(^-^)/

もっと詳しく ⇒ サボッテンダーのプロフィール

このページの先頭へ